bread sweets & bread

つくったもの

酒粕酵母&ビスケット

f:id:hao_mei3:20190223174750j:image

完成した(3回粉継ぎ)酒粕酵母を入れてビスケットをつくってみました。

パンはストックがあるので、酵母を消費できるお菓子のほうを。

短時間(2時間くらい)でつくりたかったので、ベーキングパウダーを配合しています。(粉200g、BP4g)

 

f:id:hao_mei3:20190223174805j:image

酒粕効果で、外側がクラッカーのような食感に。

なかはふわっとやさしい味でした。酒粕だけでつくるのとちがって、風味が落ち着いてきてわたしはこちらのほうが好きです(チーズっぽいのがいいかたは酵母を起こさず酒粕ストレートで)

もっと高さを出したいときは、発酵を長くとるといいかな〜

 

さて、肝心の、粉で継ぐ酒粕酵母の工程です。

 

f:id:hao_mei3:20190222181830j:image

まずは、酒粕酵母30g(酒粕とお米、水で起こしたもの)、強力粉30gをまぜました。すると、水気が足りなくて固くなり、水10gを追加。

 

f:id:hao_mei3:20190222181839j:image

室温(20℃以下)で3時間くらい放置。種がゆるんできました〜

 

f:id:hao_mei3:20190222181850j:image

ビンの底には気泡がいっぱい。冷蔵庫で保存。

 

f:id:hao_mei3:20190222181931j:image

次の日、1回目とおなじで、酒粕酵母30g、粉30g、水10gをくわえます。

煮沸したスプーンで均一になるまでまぜる。

 

f:id:hao_mei3:20190222181942j:image

これまた3時間くらい室温放置。時間はかなりアバウトです^^;

うえに気泡らしきもの発生。

 

f:id:hao_mei3:20190222181950j:image

ビンの底にもいっぱい。冷蔵庫へ。

 

f:id:hao_mei3:20190222181957j:image

次の日も同様。

 

f:id:hao_mei3:20190223174740j:image

3時間ほどであれよという間に、被せたラップにべったりくっつくまで発酵しました。

さわやかな香り〜 

 

しかし、この酒粕酵母でちょっと気になることが。

ヨーグルト酵母の場合は発酵させてもグルテンがしっかりできているんですが、この酵母はかなりドロドロなのです。これは、パンにするとキケンな予感…

ということで、きのうやった山食みたいに一部を酒粕酵母にするほうがいいのかも。

一部だけを酒粕にした山食は、二日経ってもふわふわ持続しています。これはいい!