bread sweets & bread

つくったもの

パン・ド・カンパーニュ

f:id:hao_mei3:20170531163403j:image

油脂なしのリーンなパンをつくりました。細長い成形です。

今回も、

おいしいパンが食べたくて―関西人気シェフが教えるパン作りのコツ

おいしいパンが食べたくて―関西人気シェフが教えるパン作りのコツ

 

この本のレシピです〜

イーストのはいらない発酵種をつくって粉と合わせてこねるやりかたです。

粉はフランスパン用(中力粉)使用。

 

f:id:hao_mei3:20170531163421j:image

前日に粉と水をあわせてこねておきます。

ちょっとグルテンができる段階まで。

 

f:id:hao_mei3:20170531163453j:image

冷蔵庫に入れて、20時間おきました。

うーん、あまり変わっていません( ̄▽ ̄)

本には、ちょっとダレる、と書いてあったんですが。

 

120分発酵、パンチして60分発酵、ベンチタイムのあと最終発酵。

 

f:id:hao_mei3:20170531163504j:image

クープは一本でやりました。

これを石窯ドームで焼成するわけですが………

(天板を上下二段に入れて過熱水蒸気300℃予熱しています。実温度はそんなに出ていませんが、ガンガンに熱くして電子基板が(これ以上)ダメになっても困るので、ブザーが鳴って5分くらい待ちました)

 

f:id:hao_mei3:20170531163514j:image

できたブツ。クープが荒いです(うっ)

向かって左側が熱風が当たるほうのため、クープの開きが右に偏っています。

上天板で熱風を抑えても、ダメでした。

熱風を循環させるタイプだと、やっぱり無理があるのかも。

 

f:id:hao_mei3:20170601180539j:image

ライ麦配合のパンはやっぱり香りがいいですね〜

もうちょっと焼きこんでもよかったかも^^;