bread sweets & bread

つくったもの

プルーン酵母のカンパーニュ

f:id:hao_mei3:20150520081800j:image

プルーン酵母ができたので、ならったレシピ通り、つくってみました。
がんばって?予熱をあげて霧吹きもたっぷりしたので、クープ開きました。
ひさしぶりの割れかたにうれしさもこみ上げます(^∇^)
 
f:id:hao_mei3:20150520081807j:image
カット面。気泡は期待してないので、こんなかんじかと(^_^;)
もちもちしてなかなかおいしいです〜
 
もちもちしているのは、油脂の代わりにプルーンを入れているからだとおもいます。
プルーンをペースト状にして生地に練りこむと油脂代わりになるくらいしっとりするんだそうですよ〜
(ペースト状にすれば、2週間くらいはもつらしいです)
(すみません、教室のレシピなので、分量掲載は控えます)
 
無事にできあがったプルーン酵母ですが、ストレートではうまくいきませんでした。
(酵母の分量が少なかったからかもしれないけど、できたのはチャバタもどきw)
けっこう気泡がぶっくぶくになったのに、レーズンほどの発酵力はないようです。
 
なので、レシピ通り、粉継ぎを3回して、元種を作成。
粉を入れるとてきめん元気になって、びっくりです!
プルーンは粉がスキな酵母なのかも〜