bread sweets & bread

つくったもの

ラウゲンヴェック

f:id:hao_mei3:20150318081013j:plain
アルカリ液につけて焼成するドイツのパンをつくってみました。
このあいだ、北海道に行ったときに朝食のバイキングにこのパンがあって、とってもおいしかったので、つくりたくなり。

で、レシピをいろいろと見たところ、アルカリ液(重曹を溶かしたもの)に浸けるだけじゃなくて、そのまえに冷蔵すれば液のつきがいいとわかりました。
でもレシピによって、5分から30分までまちまちなんですよね。
よくわからなくて、10分ほど冷蔵庫に入れたんですが、↑色があんまりついてない〜〜〜
クープもダメだし(もっと、ぱっくり割れてほしい!)

香りはとてもいいかんじです。
あきらかに普通のパンとはちがいますね。
塩分をひかえるために、岩塩はトッピングせずにつくったのですが、それでも、クラストの味が濃くて、おいしいです。
これは、たぶんビールに合うわ…(わたしは飲めないけど)

こんどは、もうすこし工夫してうまくできるようになりたいです!(^ ^)