読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bread sweets & bread

つくったもの

ミルキーオレンジ、あといろいろ

f:id:hao_mei3:20140320150226j:plain
元気がややなくなってきた全粒粉のりんご種を使い切る+石窯オーブン使いはじめ、です。
それで焼いたパン三種( ´ ▽ ` )ノ
 
比較的うまくいったミルキーオレンジ。
牛乳入りの生地に、オレンジカットとホワイトチョコを巻いて、ミニ食パン型で成形。
1次発酵を7時間くらいで切り上げたため、酸味も出ず、おいしくできました。
うまく山形になってないのは、成型時のミスです(^^;;
 
 
f:id:hao_mei3:20140320150233j:plain
ベーコンエピと失敗バゲット(もどき)
生地があきらかに過発酵でした。おまけに、過熱水蒸気オーブンで予熱250℃にしたのはいいものの、うっかりそのまま250℃指定で焼いてしまい、クープがひらく間もありませんでした…(アホー)
強引に2段にしたため(しょっぱなからやりたい放題w)、焼き色もつかず(^^;
1次発酵を室温10時間くらい取ったせいか酸味も出てました。ちゃんとふくらんでたんですけどね。
 
それにしてもぶっといエピになってしまった〜
 
こういうパンはすぐ消費するにかぎる!とおもって、お昼ご飯に食べちゃいましたよ。
(失敗バゲットは冷凍しとこう…)
 
 
f:id:hao_mei3:20140320150240j:plain
石窯で最初につくったロールパンです。すっごい「あばれロール」(^^;; 2次発酵が若かったか…
にしても、底の焼き色が濃いのにびっくり(オートキーのバターロールで焼成
 
 
なんだろう石窯オーブンって、予熱完了してスタートさせてからの温度上昇が早い気がします。
天然酵母なのにイースト並みの釜伸びが期待できます(たぶん)
 
予熱時間に関しては、たしかに完了の合図が鳴るのは早いんですけど、庫内温度計はまた設定温度を指してはいませんでした。やはりしばらく”予熱”させといて希望の温度にちかくなるまで待ってやる必要があるかな、と。それか、オーブンの”指示”に合わせて、温度が上がっていないあいだは「酵母の活動期間」とおもって、焼き色を見て焼成時間を延長したらいいのかな〜
石窯の特性をつかむのに、ちょっと時間がかかりそうです(^^;;
 
う〜ん、こういうのは、イーストでつくって試したほうがいいかもしれませんね…
天然酵母(とくに自家製)は酵母の元気さにムラがあるから。
 
でも、元種があるときは、早く使ってあげないと弱っちゃう!とおもって、焦るんですよね〜(> <)
酵母中心のパン焼きライフになってます(^^;