bread sweets & bread

つくったもの

ヨーグルト酵母のパン、2!

f:id:hao_mei3:20170711185805j:image

元種を次々かけ継いでいるので、日々パンをつくっています。

↑チョコパン。

中にタブレットのチョコをいれたんですが、最初まちがって、カカオマスをいれてしまいました。

途中で気がつき、あわててビターチョコをいれなおし(カカオマスと半分半分で)

よって、かなりビターなチョコパンになり。

 

f:id:hao_mei3:20170711185813j:image

ミニミニバゲットもやってみました(ハード系の粉がいっぱいあるので)

長さまちまちです。ううっ

この順番で、石窯にいれたわけですが、クープのひらきは、中の2つのほうがいいかんじ。

 

f:id:hao_mei3:20170711185820j:image

やっぱりクープは2本のほうがいれやすいですね〜

 

f:id:hao_mei3:20170712204726j:image

ミニベーコンエピです。

 

f:id:hao_mei3:20170712204743j:image

ヨーグルト酵母のパンは佐原文枝さんの本を見てつくっていますが、モルトはいれない配合なので、ちょっと焼き色はうすめ。

 

 

バゲットとエピのほうは、手ごねであまりグルテンを出さない方法でつくりました。

(オートリーズ+ボールのなかでこね)

 

しかし、いちじく+ヨーグルトの酵母はパワー炸裂なので、かけついでも(いまのところ)ツーンとした匂いもせず、元気一杯!

このあいだに、いろいろつくっていこうとおもいます(^^;

 

ヨーグルト酵母のパン

f:id:hao_mei3:20170709082202j:image

室温放置でも大丈夫な季節になったので、自家製酵母を起こしました。

まずドライフィグ酵母を起こして、残ったドライフィグにヨーグルを入れて発酵。

これがものすごい早さでして、半日くらいで完成してしまいました〜

 

f:id:hao_mei3:20170709082225j:image

ちゃんとしたうずまきになれなかった粒あん食パン(^^;

もっと縦長に伸さないとダメみたいですな。

 

f:id:hao_mei3:20170709082241j:image

元種も2時間で完成してしまうという速攻酵母

ドライフィグは発酵力すごいですね!

 

 

ヨーロピアンブレッド

f:id:hao_mei3:20170705203642j:image

ハードブレッド用の粉でパン・ド・ミーをつくりました。

強力粉じゃないので、非常に歯切れのよい(さくっとした)パンになりました。

イギリスパンとくらべると好みがわかれますが、わたしは引きのあるパンのほうがすきかな〜(^^;;;

(やっぱり中力粉はフランスパンが似合う〜)

 

f:id:hao_mei3:20170706160051j:image

レシピは島津睦子さんの本から。

世が平成になるなんか、まったくアタマにもなかったころ出た本です。

島津睦子さんはドイツで修行されたかたなので、ドイツ系が多めな気がしますが、ヨーロッパのいろんなパンが載っていて(南欧はすくない)今見ても飽きません。

この本のほかにもう一冊ありますが、家庭製パンの走りのころの本なので大切にしています。