bread sweets & bread

つくったもの

自家製天然酵母+イーストのパン

f:id:hao_mei3:20180606093104j:image

イーストをすこしプラスして焼いたカンパーニュ。

 

f:id:hao_mei3:20180606093111j:image

レーズン酵母を起こしたので、元種をつくってせっせとパンをつくっています。

元気は元気なんですが、やっぱりふくらみとふんわり感が足りないので、粉100gに0.2gくらいイーストを加えて発酵させています。

どっちが補助剤なのかわからないかんじですが、室温発酵でも冷蔵発酵でもOKなのでお手軽〜

 

f:id:hao_mei3:20180616065854j:image

これはイーストを入れずにつくったチョコクロワッサン(折り込みバターはなし)

 

このスライスチョコをスーパーで見かけたので、つかってみました。

 

f:id:hao_mei3:20180616065901j:image

山食もイーストオンリーよりも風味がよくて好きな味。

 

f:id:hao_mei3:20180620175940j:image

予備発酵必要なサフ+元種でつくったカンパーニュ。

オーブンinの無水鍋焼成してみたのですが、クープのひらきがいまいちです。

発酵力が足りないですね〜

 

小嶋ルミレシピのスコーン

f:id:hao_mei3:20180616181203j:image

生クリームがすこし余ったのでスコーンをつくりました。

「おいしい生地」のレシピです。

 

おいしい!生地―スポンジ、パウンド、シフォン…焼きっぱなしで極上に

おいしい!生地―スポンジ、パウンド、シフォン…焼きっぱなしで極上に

 

 

スコーンにはだいたい二種類のやりかたがあるとおもうのですが(おおざっぱに言って)、生地をこねる方法とこねない方法。

小嶋ルミシェフのスコーンはグルテンを出すためにこねます。よって狼の口はなし。

どうやらこれは、ロンドンで一般的なスコーンらしく(行ったことないけどレシピ本をあれこれ見てそうなのかなと)

田舎スコーンはこねないらしい(=こねないレシピが目につく)

 

f:id:hao_mei3:20180616181225j:image

材料をまぜあわせたあと、この状態からこねるんですが、まあ、ベタつくわベタつくわ(苦笑)

打ち粉をしないとどうにもなりませんでした。

あまりにベタつくので、パンのようにすこし生地をバンバン叩きつけてしまいました(^^;

 

ケンタのビスケットみたいにパンぽくはないけど、もそもそしないスコーンで食べやすいです。

 

栗原はるみさんのスコーンはカッテージチーズを入れるレシピですが、あれはどうなんだろう…

 

 

プルーンピューレのカンパーニュ

f:id:hao_mei3:20180511190735j:image

ずいぶん前ですが、プルーンピューレをまぜた田舎パンをつくりました。

プルーンが油脂の代わりをしてしっとりしてくれます、

酵母はルヴァンリキッドをイーストを併用。

ルヴァンだけではやはり心もとない(^^;

 

f:id:hao_mei3:20180511190749j:image

プルーンのおかげでふんわりしっとりの食感。

鉄分もとれて一石二鳥。